将来が不安な人へ・・・毎日を浪費して生きるのか、毎日を積み立てて生きるのか

今日もお仕事お疲れ様です。

皆さんは今日の仕事どうでしたか?

私は毎日仕事しながらこう考えています。

「一つ強くなった」

仕事を初めて見るとわかる感覚の一つにこんなものがあります。

今日も無事終わってよかった・・・。

あなたはこう思って生活していませんか?

この考えを捨てない限り、ずっと不安は消えません。

今日はそんな話をしようと思います。

疲弊している現代人

 

日本は世界一の働き者の国である。

このイメージは賞賛なのでしょうか?

ひと昔前はそうだったのかもしれません。

50代〜60代は高度経済成長を支えてきた世代です。

この頃は企業のいうことに従って働けば成果がでる時代でした。

それも同じものをたくさん作った方がいいという時代。

取締役たちのおじさんが物事を決めてそれを忠実に実行する存在が社会的に安泰だったんです。

しかし、今は違います。

成熟した市場は量より質を求めるようになりました。

人々が欲するものは新しいモノというより既存のモノのバージョンアップに移行し始めました。

そうなると、今まで上のいうことを聞いてきただけの世代と新しいことをどんどんやらないといけない市場は乖離していき、若者はどうしたらいいかわからなくなる。

会社での安泰は上司の命に背かないこと、しかし成功できるのは新しいこととなると動けなくなってしまいます。

よって管理される社会人生活でストレスを抱え込むこととなる。

これが自殺率の高い要因の一つなのかもしれません。

とにかく

現代人は疲れてるんです。

 

息抜きは気休め、根本的な解決にはならない

 

よく有給を使って、息抜きに旅行に行ってきた!

なんて話をツイッターやフェイスブックで目にします。

彼らはこの息抜きのために仕事を頑張ったり、辛いことを乗り越えるモチベーションにしたりしてますが、これは全くの気休めです。

現状を変えることなく、引き延ばしているだけです。

言うなら、毒のステータス異常でHPが減り続けている中で毒消し草を使うのではなく薬草でわずかなHPを回復しただけのようなもの。

息抜きのために頑張っている時点で、現状の変化という努力を怠っていることを示している。

確かに息抜きは私も大好きです。

毎日の仕事の中で溜まった不安やストレスを一切忘れて楽しめる時間は絶対に必要だと思います。

しかし、この考えは忘れていません。

koupei
いつか、好きな時にこれ(息抜きでしたこと)をまたやれるようになってやる

私は縛られるのが嫌で、自分の時間が欲しくて、大切な人と長く一緒に居たいと思う人間だと働き始めて痛感しました。

よってブログを通して自由になってやると思っています。

息抜きは私の中で現状の先延ばしから、自由の実現の再確認になっています。

 

毎日を積み立てるという考え

 

では、毎日をただ過ごして現状を引き延ばしにしないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

冒頭にも触れましたが、

「毎日強くなればいいんです。」

あなたは今日の仕事から何を学びましたか?

新しい取引先ができた、書類の書き方がわかった、仕事の失敗を経験した・・・etc

同じような1日でも学んだ何かを探してください。

そして、その経験から自分が「強く」なったと確認すること。

いずれその強くなった自分が自分の本当に望む働き方を叶えてくれると思うことです。

精神論に聞こえるかもしれませんが、考え方一つ変えるだけであなたの捨てていた1日の重さが痛いほど分かるようになります。

友人の中で羨ましくなるような生活をしている人はいないでしょうか?

楽な仕事をして自分より高い給料を得ていたり、趣味に没頭していたり。

そういった憧れの生活を手に入れるために、あなたは強くならなきゃいけない。

毎日を「強さ」として積み立てていかなければならないんです。

あなたは今まで何日無駄に消費しましたか?

その消費した日数分、あなたは理想を叶えるまでの時間が長くなっているんです。

 

終わりに

 

私はこのブログを始めた瞬間より、毎日を積み立て始めたと実感しています。

ブログ自体はまだ何の成果もあげていませんが、必ず自分を助けてくれる「強さ」になると信じてやっています。

このブログが私に何らかのメリットをもたらしてくれて、それが私の求める理想の生活に繋がった時、このブログは完成します。

どうかそれまで暖かい目で見守っていただけたらと思います。

ではまた。

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください