新入社員「仕事が辛い…」 ストレス軽減のためのマインドとは

ああ…まだ水曜日か…

今の私です。

まだ水曜日の事実に震えてます。

仕事を始めてみて痛感したのが

自由への憧れ。

毎日決まった時間に起きて、帰れる時間も大体決まっている。

そんなルーティンを続けていくことにものすごい不安を覚えます。

月曜〜金曜までの懲役を終えて得た2日間の休みも嵐の前の静けさのようで手放しで喜べなくなってくる。

それくらい仕事が嫌でしょうがない。

でも私はなんとかやれている。

そのために仕事に対する見方を根本的に変える努力をしてきて、一定の成果が出てきたのでそれを共有できたらと思います。

重要:いつでも仕事を辞めてもいいように情報をかき集める

今私は毎日大きなストレスに晒されています。
新入社員にも関わらず責任重大な仕事を任され、業務の幅も多岐に渡り、休みなんてほとんどありません。(泣)

※先週(?)は12連勤でした…

4〜5月は他の会社じゃここまでやらせてくれなかっただろうし自分は恵まれてるのかもな〜

とか考えてましたがあっという間にその考えだと潰れかけました。

仕事辞めたい。

こればかり考えるようになっていたんです。

このままだとまずい、なにか方法はないか

まず取り組んだのは仕事を辞めるという選択をした場合の自分の生き方を考えることでした。

  1. 転職する
  2. 起業する
  3. 紐になる←え

まず1.転職については、どんな仕事でも自分の時間が奪われると思ってしまうと考え保留

2.起業するについては、こーしたい、あーしたいという熱い考えが特にないので却下

3.紐になるについては現在凧を募集中です。

くそ、、、詰んでやがる


そう思った私はまず仕事がなんで辛いんだろうという原因と見つめ合いました。

私の場合ですが

仕事=自分がやらないと他の人に迷惑がかかる


という穴埋めのようなマインドが根底にあることがなんとなくわかってきました。

嫌になったら辞めよ〜という考えを持つためにした努力

仕事を辞めることに他人への迷惑を考えてる時点で思いっきり視野が狭くなっていましたね。

自分がもし自分のことを大切な人に思う誰かだったら、大きなストレスに潰されてしまいそうな大切な人に「辞めちゃえ!」と力説しているだろうなーなんてメタ的な考えをするようになってきました。

しかし、仕事を辞めるというのは新社会人にとっては不安しかない。

その時ふと思ったんです。

なんで仕事辞めるのが不安なんだろう


今思えばこれを考えられたのは私にとって大きなプラスでした。

仕事を辞めるのが不安=命に関わる

これが私の中で一番強い不安材料だと気づけたんですね。

仕事辛い→辞めるができないのはこの不安のせい。

ならどうするか。

仕事を辞めても生きていける術があるはず。


この希望のもと、仕事を生きていく方法を散々探しました。

そしたらあれよあれよと色んな情報が見つかったんですね。

投資、クラウドソーシング、ブログ…

全ては実践できていませんが、大きかったのが知ったこと、仕事に行かなくても生きていけるかもしれないと思えたこと。

仕事辞めても生きていけるかも

このマインドは私をついに

いつでも辞めてやるわ!でも今は仕事を辞めるために仕事しよう。


という考えに導いてくれました。

仕事を辞めるために仕事から得た経験スキル知識をブログに還元する。

これが積み重なっていつか自分を自由にしてくれると信じることにしました。

そうしたら、驚くほどストレスが軽くなりました。

仕事のミス、責任、義務…全部いつでも辞めてやるわ!orこれも仕事を辞めるために必要な経験だな!

というマインドで乗り越えられるようになりました。

不思議なもので、終わりがないように感じるから辛いんですよね。

明確なゴールがあれば人間は前を向けるんだなあと、そしてそれは自分で決められるんだなあと感じます。

「焼かれながらも…人は…そこに希望があればついてくる」

これは私の大好きな麻雀漫画の主人公アカギの名ゼリフです。

まさにこんな感じで笑っちゃいます。

まだ仕事に囚われてますが、必ず自由を実現してみせる。

そこに希望があるから。(現在焦げるくらい焼かれ中)

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。