HUAWEIの初任給40万から考える、就活生のあり方

世界と大きく差をつけられた日本

就活生のみなさん、今日も就職活動ご苦労様です。

koupeiも就活していた時はこんなことを考えていました。

koupei
(業界最大手はここで、福利厚生は・・・)

いわゆる大手病です。(笑)

結果として大手企業に内定はいただいたのですが、結局勤めませんでした。

 

ところでこの記事をご覧ください。

中国の通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)の日本での初任給が40万円以上だと話題になっている。

リクナビ2018に掲載されたファーウェイ・ジャパンの求人広告によると、募集職種は「通信ネットワークエンジニア」「端末テストエンジニア」「端末アフターサービスエンジニア」「研究職・アルゴリズムエンジニア」の4つ。月給は学士卒で40万1000円、修士卒で43万円に設定されている。年に1回以上は賞与があるというから、賞与が月給2か月分だとすると年収は初年度から560万円以上になる。

「有給消化50%以上」「完全土日祝休み」ともあり、きちんと休むこともできるようだ。もちろん各種社会保険も完備されており、退職金制度も整っている。

引用:https://news.careerconnection.jp/?p=37532

どうですか?

自分が今頑張ってアピールしている日本の会社、

実はものすごく小さいかもしれませんよ?

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、2016年の大卒初任給の平均は約20万円。同社の初任給は通常の2倍以上

比べているのが日本の方は平均ではありますが、一応日本でいう勝ち組とされる就職人気企業でも20~22万が大体です。大きく差をつけられました。

詳しくはこちらのサイトがおすすめ!

就職人気企業、初任給&平均年収ランキング

 

就活生は選択肢がある、故に差がつく

日本の企業が悪いとは言いません。

給料も最初こそ低いものの年齢とともに基本的に上がりますし、インセンティブインセンティブがもらえるような会社もあるでしょう。

しかし、外資という選択肢はこのようなメリットがあるとわかった今、

優秀な人は確実に外資に流れていきます

そしてその人たちに日本企業に勤めている人のほとんどが生涯収入で勝てなくなります。

もちろん、就職するのは決して簡単ではありません。

世界中、または日本支社の場合は優秀な日本人がこぞって応募するに決まっているからです。

また働いてからも外資ならではの特徴もあります。

以下外資に勤める友人の話

友人
基本的に英語などの語学の心得は必要だし、結果を残さなければならないというプレッシャーは日本企業とは比較にならない。窓際社員は存在せず、結果を残せないと減給、クビは覚悟してる。

優秀な人間たちの集まる中で結果を求められ続けるの大変ですね・・・。

でもこうも言ってました。

友人
でも結果さえ出していれば、給料は半端ないし、仕事も自由だし時間も取れるよ!結果さえ出せば(笑)

 

日本の営業みたいですね。外資と一括りにできないとも思うので参考までに。興味を持った人は自分が勤めたいと思う外資を調べてみよう。

 

これからの就活生は何を求めるかで仕事を決めるべき

年収、福利厚生、休日・・・会社によって本当に様々です。

なるべく大手で大手で・・・という気持ちもわかります。(実際koupeiもそうだった)

しかし、仕事を始めると絶対にこう思います。

 

あいつはいいよなぁ・・・給料良くて・・・

定時に帰れる仕事羨ましい・・・

仕事行きたくない、家で寝てたい・・・

 

大手だろうがそうじゃなかろうが、共通しているのは

自分が楽しんでいるか

です。生活レベルさえ下げれれば月5〜10万あれば人間生きていけるらしいですし!

毎年100%以上働き、年収と生活水準を徐々に上げていくのが、これまでの普通だったかもしれません。家を買ったり、レクサス買ったり。

でも、これからは毎年100%働くのではなく、徐々に生産性を高め、「労働時間を減らしていく」、という生き方が普通になるんだと思います。

能力が高まっていけば、一時間当たりに得られる金銭的対価は増加していきます。例えばこのブログも毎月数%ずつ、収益性が改善していきます。今は一日5本更新しないと売上20万円に届きませんが、将来的には一日3本でも同額を稼げるようになるでしょう。稼ぐ額は変わらず20万円ですが、余剰が出てくるわけです。

そうして生まれたブログ2本分の余剰を、「遊び」に費やすのが、とてもクールな生き方であるように思います。毎日終電まで150%働いて年収を2倍にするくらいなら、低年収でもいいから50%の労働時間で楽しく豊かに生きていきたい、という気分です。

引用:まだ労働で消耗してるの?イケダハヤト

色々考えさせられる一文です。本当に。

 

どうでしょうか、就活で大手に行くことが全てと思っている方に

「日本の大企業て実は勝ち組じゃなかったんだ・・・視点を広げてみるか」

「仕事=収入という考え方はもしかしたら自分には合わないかもしれない、自分が楽しめるという観点でもう一度見つめ直してみよう」

と思えるきっかけになってくれたらと思います。

ではまた。

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください