新社会人が「実家」から通って感じたメリットとデメリット

こんにちはkoupeiです。

私事ながら、今年4月から新社会人となりました。

院生を含めた六年間関東の某国立大学に在学し、モラトリアムを満喫していたのですがついに終焉を迎え、懲役40年を課せられました。(刑期は必ず短縮してみせる)

そんな私が新社会人になるにあたり、通勤を「実家」から行うことで感じたメリットデメリットを今日はまとめます。

※7月まで実家にいました。今は引越しをして一人暮らしをしています。

実家から通うメリット

仕事というストレスから心のバランスを保てる

 

大学生は人生の夏休みとも言われます。

それくらい何をしていったっていい。自由が与えられています。

そんなモラトリアム満喫勢が4月からいきなり社会人になるとものすごいギャップに苦しみます。

毎日朝6時には起き、ボロボロになって7〜9時に帰宅する。

ご飯を食べて風呂に入ったら死んだように眠る。

この生活がずっと続くのです。

特に生活リズムの出来上がっていない私にとっては4月は本当に地獄でした。

しかし、実家通いを選択した私は間違いなかったなと確信しています。

ボロボロになって帰ってきた家にはご飯が用意されており、脱いだスーツやワイシャツは洗濯してくれる。

笑顔で「おかえり、お疲れ様」と迎えてくれる家族。

今日こんなことあってさ・・・きつかったわ・・・。

と愚痴をこぼしても聞いてくれる家族。

一番きつかった4月を乗り越えられたのは本当に家族のおかげでした。

これをもし知らない土地で一人でしていたらと思うと気が狂いそうです。

自分なら大丈夫と思う人こそ気をつけてほしい。

仕事のストレスは、半端ないです。

 

貯金の効率の良さ

 

なんのために仕事をするんだろう。

この質問に「生きがい」「人のためになるから」と答えられる人はいい仕事に巡り会えているのでしょう。

私は今の仕事を「やりがい」「面白そう」という理由で選びました。

この仕事を選んだことに後悔はないですが、仕事は甘くはないです。

完璧を求められるし、常に仕事が溜まっていきます。

そんなギリギリの生活を続けていく中で、対価として支払われる給料。

私はとりあえず今年で100万貯めることを目標にしました。

実家暮らしなら給料はほとんど貯金に回せます。

特に新社会人は最初貧乏な状態からスタートするので、4月5月はとにかく苦しい。

家賃、水道代、光熱費、ネット代、ケータイ代・・・。

固定費として給料の半分以上持って行かれていたら、なんのために仕事を頑張っているのかわからない。

毎月給料日前に残高ギリギリでは、一体その一ヶ月はなんだったのでしょうか。

私は「浪費」と考えます。

実家なら家にいくらか納めることで生活できます。

しかも家族にお金を支払うので、一家のお金としたら損失はない。

4〜7月まで実家で生活していたのですが、毎月10万以上余裕で貯金できました。

おかげで、初任給で親には高い寿司を奢ってあげることができました。

普段お世話になっている分には全然満たないレベルですが、金額を気にせずご馳走できたのも実家通いだったからこそかな。

ネット通販での荷物受け取り

 

アホくさい理由ですが、これ、なかなかデカかったです。(笑)

とにかく慣れない仕事で毎日疲れ果てるので時間がない。

買い物にいく暇もないので、必要なものはネット通販を利用して購入していました。

実家なので受け取りは家族がしてくれます。

本当に一人じゃないってメリットしかないなと実感しました。

 

親は理想の上司。社会の常識は親から学べる。

 

仕事によっては昔ながらの体育会系なビジネスマナーが多数残っています。

私の仕事では特に飲み会時のマナーのうるささがすごかった。

上司のグラスを空にするな、上司より先に座るな、ご飯をとりわけろ、注文も常に気を配れ、勧められたら飲み干せ・・・。

私はとにかく下戸なので、一杯酒を飲んだらもう動けません。

そんな朦朧とした頭で、以上のことをやりきれず、苦労しました。

しかし、ここら辺のビジネスマナーは親から一通り聞いていましたし、とりあえずやろうとはしていたってことで上司の印象は悪くなかったみたいです。

仕事の中での上司への報連相はしかり、メールの仕方、電話の取り方、名刺の渡し方など、親に聞けば一通り教えてくれます。

社会出てから場面場面で学ぶことも可能ですが、早めに知っておくに越したことはない。

親はなんでも教えてくれる理想の上司です。

嫌われて、見捨てられるような心配もまずないですしね。

社会でなんとかやっていけてるのも本当に親のおかげです。

 

実家から通うデメリット

 

結論からいうとほとんどないです。

社会という大きなストレスの溢れる場において、暖かく迎え入れてくれる家族、貯金もできる。

デメリットを探す方が難しい。

しかし、あるにはあります。(私はその理由で引越ししました)

ケースバイケースですが、私は職場まで実家から1時間半もかかりました。

毎日3時間の通勤時間は非常にもったいないなと感じ、職場から20〜30分のところに引越しました。

貯金効率は多少落ちましたが、福利厚生や、固定費の節約でなんとか月7、8万ペースで貯金もできています。

何より、一旦社会人としての生活リズムを手に入れたので、結果的に時間に余裕のできる生活を送れるようになりました。

まあこれはあなたの職場が実家から遠い時のパターンですので、実家が職場に近いなら迷わず実家から通いましょう。

 

終わりに

 

とにかく、私をここまで育ててくれた両親に感謝します。

実家という帰る場所があり、一番辛い時期も優しく支えてくれた両親と家族には頭が上がりません。

一人で社会に出なければならない状況だったらどうなっていたか想像するとぞっとします。

本当に自分は人に助けられて生きているなあと実感しました。

これから新社会人になる方、また仕事がきつい、辛いと思っている現役の社会人の方

無理せず、可能なら実家に帰ってみてはどうでしょうか。

きっと、仕事のストレスより大きな安心があります。

家族に感謝して明日も仕事を頑張ります。

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください