高まるnintendo switchの需要 ところでpsvitaの次世代携帯ゲーム機はどうなった?

1989年に任天堂が「ゲームボーイ」を発売して以来、携帯ゲーム機という市場は爆発的な成長を遂げました。

今でこそ、メジャーな携帯ゲーム機は「NINTENDO 3DS」「PSVita」の二つに絞られていますが

一世代前はいろんなゲーム会社がこの市場に参入しており、しのぎを削っておりました。

しかし、3DSが2011年2月、psvitaが2011年12月に発売されて以来、その後継機なる携帯ゲーム機は登場していません。

そんな状況が気になり、次世代機の情報を集めて見ました。

PSVitaの次世代機

 

結論から言います。

当分出ません。(もしかしたら撤退もあり得る)

ソニーは日本向けに自社製品の発表会でもある『2017 PlayStation® Press Conference in Japan』を開催しました。

ここで多くのユーザーは「いよいよPSVitaの次世代機がくるか!?」と期待していました。

しかし蓋を開けて見たら次世代機の情報は全くなし。

そして追い討ちをかけるように

ソニーのゲーム事業子会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)のアンドリュー・ハウス社長はインタビューで「据え置きゲーム機に重点を置く」といった表現をしており、PSVitaの後継機は開発されていないと取れる返答をしました。

実はPSVitaは現在、日本・アジア地域以外では販売されていません。

ソニーはもはや携帯型ゲーム機の市場価値を重視していないのです。

 

あの盛り上がっていた市場はどうしてこうなった

 

携帯ゲーム機市場は空中戦と言えるくらい混沌としており、各社が自慢の製品をどんどん投下していくホットな市場でした。

そんな携帯ゲーム機市場を説明した動画があるので興味がある方は是非視聴することを勧めます。(据え置きゲーム機も含んだ内容の動画です。)

ソニー任天堂の2強以外にもいろんな会社が参入し、そして淘汰されていったのです・・・。

そんなゲーム機大戦を生き残ったソニーはどうして携帯ゲーム機市場を軽視し始めたのでしょうか?

答えはあなたがこのサイトを閲覧している機器かもしれません。

 

スマホです。

 

スマホゲームの台頭

 

iphoneとandroidががっつり普及した今、同時に携帯ゲーム業界は冷え込みました。

ゲームを携帯する生活のメリットはスマホが代わりに担ってしまいました。

あなたのスマホには「パズドラ」「モンスト」「シャドウバース」などのゲームは入っていませんか?

通称ソシャゲは、各ゲーム会社が制作費を甚大にかけて発売する携帯ゲームの売り上げを一瞬で追い越す要素を持っていました。

それは、課金要素です。

ガチャというギャンブル要素が顧客の金銭感覚を狂わせ、一瞬の喜びのためにゲームソフト1台分のお金をポンポン課金します。

しかもこれは、新キャラが出るたびに行われる現象であり、ソシャゲはスマホという普及しまくったプラットフォームで在庫の減らないデータを売って携帯ゲーム機市場の絶対に勝てない売り上げを連発しました。

よって携帯ゲーム機市場はもはや「割りに合わない市場」になってしまったのです。

個人的に、携帯ゲーム機にはすごく思い出があるので寂しい気持ちがします。

nintendo switchは携帯ゲーム機市場の希望であり可能性

 

ここでnintendo switchについても一つ。(以後switch)

switchは据え置きゲーム機と携帯ゲーム機のハイブリット構成になっています。

自宅ではTVに写して大画面で遊べる据え置きゲーム機に

出先では、画面付きの本体が携帯でき、携帯ゲーム機と化します。

この任天堂の新しいコンセプトのゲーム機は大成功しており、据え置き携帯ゲーム市場の中で独自の地位を築き上げています。

ゲームを携帯するワクワクは、まだ死んでません。

むしろこれからは据え置きゲームを携帯できる時代がきてます。

携帯ゲーム機の後継機は任天堂が出してくれていたんですね。

 

最後にソニーのswitchに対する対抗策について

 

ソニーはswitchという据え置きゲーム市場も携帯ゲーム機市場も参入できる商品に対し

「switchの商法は任天堂独自の形だ。

とのコメントを残しています。

どうやら本当に携帯ゲーム機市場への参入の見込みはなさそうです。

pspの時にあった、モンハンを持ち込んで合宿するみたいなワクワクはどうやらソニー製品ではしばらく味わえなさそう・・・。

スマホというなんでもできちゃうプラットフォームをここまで憎いと思ったのは初めてです。

私のようなゲーマーは、「携帯ゲーム機でこのレベルのゲームができるようになったのか!!」という感動に出会いたくて次世代機に期待しているのに。

もはやそんな人間の集まりはニッチな市場になってしまったのですね。

しばらくは携帯ゲームは任天堂に期待します。

ではまた。

 

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

 

2 件のコメント

  • そうですね、しばらくは任天堂だけになりますね…僕はYouTubeで視聴者に次世代のゲーム機がどうなるのかも聞いてみたのですが、やっぱり可能性は無限大だって知りましたhttps://www.youtube.com/watch?v=xeLkNi_rICQ

    • 動画視聴させていただきました。
      非常におもしろかったです(笑)
      次世代機どうなりますかね〜
      個人的にはディスプレイとっぱらってホログラムでやれるような時計型のものが出て欲しい!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください