あなた専用のサークルを作る秘訣 友達はつなぐことで爆発的に増えていく

あなたは友達に満足していますか?

友達は多い方がいいのでしょうか?

親友はいますか?

友達関係の悩みは友達には相談しにくいですよね。

友達がいない自分=自分に価値がない

と判断される気がして人になかなか言えない悩みになります。

今日はそんな悩みを抱えている人に助けになれたらと思い記事を書きます。

友達が少ないと感じる人へ

 

友達が少ないと感じたことはありませんか?

暇な休日に誘える友達がいない・・・

SNSは見ると辛くなるから見れない・・・。

この悩みはどうして生まれるのでしょうか。

答えは簡単、「無い物ねだり」です。

あなたが本当に誰一人友達のいない人間ならこの話は全く関係のないものになってしまいます。

しかし、友達がいるのにその数や、友達と何をしたかに嫉妬しているようだったらそれは見当違いの悩みだということを伝えたいのです。

友達に「質」なんてものはありません。

あるのは自分と気があうかという事実だけです。

というか、これで十分なんです。お金をいくら出しても買えない価値がここにはあります。

まずはあなたの今の友達を大切にしてください

約束はしっかり守り、友達との時間を確保してください。

そしてそれがあなたの友達を爆発的に増やすきっかけになります。

 

あなた専用のサークルを作る

 

友達を大切にできるようになったら、あなたの友達を増やす準備は完了です。

あなたの友達の中で特に仲のいい人を親友と呼ぶことにします。

その親友は果たしてあなた以外の友達はいないのでしょうか?

こんな経験をしたことはありませんか?

 

親友と二人で学食でランチをしている時に、知らない人が親友に話しかけてきた。

どうやら二人は友達で、遊びに行ったりもしているようだ。

しかし自分は蚊帳の外で、ずっとその会話が終わるのを待っている。

会話が終わった後、親友に「友達?」と当たり障りなく聞くだけ。

 

友達を増やしたいと思うならここで動くべきなんです。

断言します。親友の友達はあなたの友達になります。

それも、気が合う可能性が非常に高い友達候補です。

親友は何を持って親友たりうるのですか?

馬鹿話で盛り上がれる、いつも一緒でも飽きない等、いろんな理由がありますが

人間性に居心地の良さを感じている

というのが親友たりうる条件だと私は思っています。

そしてその親友の友達というのは、ある意味あなたにとって理想のフィルターを通した後の友達候補なんです。

積極的に会話に加わりましょう。

そして3人で遊ぶ取り決めまでこぎつければベスト。

後は勝手にいつメンになってます。

そしてこれは逆もまた然りです。

あなたの友達はあなたの親友にとっても友達になりうる存在です。

無理やり引き合わせちゃいましょう。

あなたはその時気を多少なりとも使うかもしれませんが、とにかくその友達がいかに面白いのかを親友に話しつつ、その友人には親友の面白さを自慢げに話してやればいいんです。

一方を立てるのではなく、双方を立ててやる。

これができると本当にスムーズに友達の友達が友達になります。

そしてこれは連鎖します。

増えた友達の中で、親友が増えたとします。

そうしたらその親友の友達はあなたの友達候補です。

あなたが偶然知り合った人と気が合い友達になったとします。

そうしたら親友たちにその友達も紹介しちゃえばいいんです。

気づいたらあなたの周りは大好きな友達だらけのサークルと化しています。

おかげで毎日毎日くだらない連絡が飛び交うような私のスマホですが、本当にこいつらとは仲がいいと思っているので私も気が乗った時にしか反応しませんし、連絡しなくても何も言われません。そして顔を出した時は最高に盛り上がってくれる友達がたくさんできました。

友達の友達はあなたの友達候補です。あなたの友達は友達の友達候補です。

どんどん繋げちゃいましょう!

嫌いな人がいる方がいい理由

 

あなたは嫌いな人がいますか?

いないなんて答える人の脳内を私は知りたいくらいです。

私は食べ物の好き嫌いはありませんが、人の好き嫌いはものすごくあります。

言いたいことはズバズバ言っちゃうし、遠慮しない性格なので嫌われる人にはとことん嫌われるし、嫌いな人はとことん嫌います。

これで結構苦労してきたので、もうちょっと我慢しようとか大人しくしようとしていたこともあるのですが

「なんか牙抜けてつまんなくなったな」とズバッと言われてやめました。慣れないことするもんじゃない。

それからというもの、「嫌うものは嫌えばいいさ!」と割り切って自分らしさ全開で生きてきたつもりです。

そうすると、今自分と仲良くしてくれる人って初めから気が合ってたな・・・という事実に気がつきました。

友人関係で気を揉んだとこともほとんどなく、とにかく楽しく過ごしてるな〜恵まれてるな〜とか思っていました。

しかし、自分から発信していたんですね。私はこうゆう人間だと。

これだと似たような友達ばっかになって世界が広がらないじゃないか!と批判されるかもしれませんが

似たような友達でも一緒なわけないんです。

ものの感じ方、見方は全然違います。

それに友達に世界を広げてもらうなんておこがましい。

ただ自分と一緒に時間を共有してくれる

これだけで十分なんです。大切にする理由はこれだけです。

 

終わりに

 

大学の頃、私以上に癖のある友人がいました。

その友人はとにかく人の好き嫌いが激しく、私の友人と一向に関わることをしませんでした。

私はその友人は人付き合いが嫌いなのかもしれないと思いましたが、御構い無しに私の友人と引き合わせまくりました。

大学もそろそろ終わりに差し掛かった頃、いつものようにその友人の家にアポなしで押しかけたとき

友人がこう言ってきました。

「お前のおかげで本当に友達が増えた、ありがとう。」

こう言われた時、なんか泣きそうになったことを覚えています。

友達づきあいを強制するって下手するとものすごい残酷なことで、友人を失うことにもなりうる不安も抱えています。

しかし、私はその友人の面白いところをたくさん知っていたし、それを他の友達にもわかってほしかった。

その友人は初めは絶対余計なお世話だと思っていたはずです。

しかし、今では私の友人と私抜きで遊んだりしてます。(おい)

彼のあの一言は私の不安を一発で解消してくれるものでした。

友達って本当に最高だし、自分は恵まれています。

いつか年取ってジジイになっても、「年金入ったから飲みいくべ〜」とか言ってる未来が容易に想像できて今から楽しみです。(笑)

ではまた

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください