仕事がきついけど楽しいって人は3年で大体仕事辞める。

最初に断っておきます。

この記事は完全に経験と主観からなるもので科学的根拠を一切考慮していないので興味のある方のみご覧ください。

きついけど楽しいってどういう状態?

 

みなさん今の仕事はどうですか?

給料がいいけど、休みが少ない。

仕事は楽だけど、上司がめんどくさい。

いやいやそうじゃなくて、「楽しい」のか「きつい」のかシンプルに考えてみてください。

「きついけど楽しい」

こう言ったひねくれた回答をしてくる人もいます。

確かに、どっちとも取れるという状況は往々にして存在します。

仕事は決して楽じゃないし、厳しさや辛さもある。しかし、達成した時の喜びは一塩だ。それが楽しいから続けられる。

こんな感じでしょうか。

これが頭に浮かんだ人は要注意です。

3年以内にあなたはその仕事を辞めます。

 

「きつい」と「楽しい」は仕事においてだんだん両立しなくなる

 

「きついけど楽しい」って状態は一見仕事とはそうあるべきだとか、そんな堅苦しい考えを持ち出す人もいますが、はっきり言って両立しないと私は考えています。

私は今の仕事を「やりがい」「楽しさ」「安定」で選びました。

仕事相応のきつさは当然ありますが、仕事がうまくいった時の喜びは大きかったです。

しかし、それも半年くらいからだんだん麻痺してきました。

仕事がある程度わかってきて、先が少しずつ見えてき始めた時

(仕事のきつさに対する、それをこなした後の喜びによる楽しさの対価が割りに合わなすぎる。)

と感じ始めました。

確かに仕事のやりがいは大切だし、それがないまま働いている人は日々を消費しているだけの人間なのでしょう。

将来が不安な人へ・・・毎日を浪費して生きるのか、毎日を積み立てて生きるのか

2017.10.24

しかし私はそうはなりたくない。

仕事するからには、何か成長し続けていたいし、自分だけしかできない仕事をしたいと考えています。

そして今の仕事に対する喜びはもしかしたら自分の中で

(嬉しい!楽しい!・・・そう思わないとやってられないから、過剰に反応して思い込んでいるのかもしれない。)

と感じ始めました。

メタ認知という「もう一人の僕」はあなたの心を強くする

2017.10.25

あなたが今「きついけど楽しい」と思っている仕事のきつい:楽しいの比はどれくらいでしょうか?

私は今の仕事を

きつい:楽しい=2:8

だと思っています。

これは自分の心の声をしっかり聴いて考えて出した結論です。

私は近いうち仕事を変えることになるでしょう。

きついと楽しい、この二つは基本的に両立し得ないものです。

ちゃんと現実をみてやれば、あなたがどれだけ我慢しているのかわかるはず。

3年以内に仕事を辞める

 

これは経験談です。

私の先輩と同級生の話なのですが、二人とも私より数年早く社会人になりました。

有名な企業に勤めることになり、世間からすると勝ち組と言われる存在です。

当時大学院生だった自分は二人によく「仕事どう?」と聞いていました。

二人は「きついけど楽しい時もあるよ(笑)」

と同じようなことを言っていたのを覚えています。

しかし、今年私が仕事を始めてから二人が仕事を辞めたと聞きました。

なぜだ???と思い二人に話を聞いたところ、こんなことを言っていました。

「限界だった。一度きついことだらけだと気づいたらもう体が動かなくなっていた。」

今まで「きついけど楽しい」と言っていたのは自分自身をも騙すための言葉で、なんとかそれで立ち向かっていたんです。

 

終わりに

 

この記事を書いた理由はこの話を自分が今同じような状況になり思い出して、この気持ちのまま書き上げたかったからです。

仕事はあなたの全てではないし、あなたが活躍できるフィールドは他に必ず存在するはず。

私は仕事を変えようと思っていますが、割と楽観視してます。

多分痛い目に会うことになりますが、今この環境で自分を騙して続けるくらいなら、飛び出して苦労して、自分が楽しいと思える場所を見つけてみたいと思っています。

あなたの仕事はどうですか?

自分を騙している「やりがい」「楽しさ」はありませんか?

自分の本当の気持ちと向き合うのはとても怖いことです。

しかし、踏み出せば見えてくるものがあります。

私はそれを信じてやっていこうと思います。

ではまた。

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください