大学生のうちにやっておいた方がよかったと後悔したこと

大学生って時間が本当にありますよね。

今でもあの頃の毎日は楽しかったなあと懐かしく思います。

今では新卒一年目として、日々社会の荒波と戦っています。

そんな私が大学生のうちにやっておいた方がよかったなあと最近強く感じることがあります。それは

 

お金を稼ぐ方法を習得しておくべきだった。

 

ということです。

バイトとは違う。自分の力で稼ぐ。

 

大学生の収入源として代表的なのがバイトです。

月3〜5万くらい定期的に稼いで生活費の足しにしたり、交遊費として使ってきました。

バイトは社会勉強にもなるし、労働ってどんなものなんだろうと実際に知れるのでやるべきだと思います。

しかし、

「バイト楽だったし、仕事してもいけるな!」

と考えていると思わぬしっぺ返しに合いました。

 

koupei
仕事辛すぎて辞めてえ・・・。

 

といきなり思ってしまったこと。

こうなると就職すれば安泰!とりあえず飯食っていける!と思っていた部分が完全に瓦解します。

仕事を辞めると収入がなくなる。

思えば、自分の収入を一本化している時点で逃げられないようになっていたのかもしれません。

よって大学生のうちに働き先に依存しない収入源を確立しておくことをやっておけばよかったなと後悔しています。

つまり、副業です。

社会人になる段階で副業の収入が月20万もしあったら、初任給とほぼ等しくなります。

よって副業を確立出来ている人は言い換えれば仕事を辞めても差し支えない状況にいるわけです。

その切符を大学生のうちに買っておくべきだった。

仕事が始まっても両立できる副業とは

 

PCを使って稼ぐ方法です。

仕事が始まると体力時間ともに大幅にそっちに持って行かれます。

よって自分の足やまとまった時間を使った収入の得かたはどうしても難しくなります。

そこで、インターネット環境さえあれば稼ぐことができるように準備しておく。

例えば

 

  1. ヤフオクなどのせどり
  2. クラウドソーシング
  3. オンラインショップ
  4. ブログ等アフィリエイトの広告収入

 

などがあげられると思います。

実際私は副業としてブログ運営を始めましたが、今のところ収益はほとんどなく趣味でやっています(笑)

これには理由があって、PCを使った副業はどうしても時間がかかります。

ブログの育成は3ヶ月〜半年は我慢の時期だ

なんて言葉があるように、収益に繋がるには時間を要します。

そしてその時間が膨大にあるのが大学生だったということです。

 

大学生のうちにバイト以外の収入をPCから得られるように色々試しておく。

そしていざとなったらそれに頼って生きていける状態にしておく。

 

この保険とも言える後ろ盾を大学生のうちに作っておけると、そのメリットは計り知れないなと思います。

時間があるってことはそれだけ試行錯誤することができるし、挑戦して合わなかったらいつでも辞められます。

社会人になってから「早くこの環境から抜け出したい!副業していつでも辞められるようにしよう!」と思っても

その副業がいつ芽が出るかわからない不安のまま仕事を続けていくことになります。

そしてそれがもし失敗に終わった場合、また1からやり直し、時間も膨大にかかります。

これではいつまで経っても辞められない、まるで副業が博打のようになってしまいます。

こうならない為にも、大学生のうちに手を出しておくべきだったなと後悔しています。

 

終わりに

 

仕事が辛すぎて、辞めて見ようかなと考えています。(笑)

新卒一年目のくせに仕事辞めたい、いや辞めようと思う。

2017.10.30

新卒で、貯金も少ししかない、副業も収入もまだまだ当てにならないといった状態ですが

このままだと自分が危ない

と感じているのでもうなりふり構っていられないですね。

私は副業という選択肢を取るのが、早かったのか遅かったのかはまだわかりません。

しかし、今初めているからこそ、もっと先にやっておけば変わったかもしれない。

と思うのです。

たらればの話は本人には全く意味のないことですが

仮にこの記事を読んでくれた人がいたとして

その人が「やってみるか」と始めた副業がその人の自由への力になってくれればとこの記事を書きました。

もちろんですが私はまだまだ諦めません。

いつか、働かないで生活できる自由を手に入れて、自分だから稼げるようになりたいと思います。

ではまた。

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください