通勤途中に車が故障した!?故障後の流れを解説。



通勤中に起きた悲劇

 

こんにちは。koupeiです。

今日は朝からドッタンバッタン大騒ぎでした。

(通勤途中)

koupei
連休〜俺の連休〜帰ってきてくれ〜
koupei
ん、なんだこのランプ。見覚えがないぞ。

 

このランプ、明らかにバッテリー関係の異常を示すランプですね。

このランプを見てから5分後に車は止まりました。

止まるまでの流れは以下です。

  1. 音楽がいきなり消えた。
  2. ナビがついたり消えたり、そして完全に消えてつかなくなる。
  3. アクセルが効かなくなる、ハンドルがロックされていく。
  4. ハザードもつかなくなり、完全に沈黙。

止まった場所も最悪で、国道のトラックがビュンビュン通るところで走行中に徐々に力を失って止まりました。

koupei
あ〜〜これ完全に死んだわ・・・。

とか思いつつも頭は冷静で、なんとか完全に止まる前に左に寄せてハザード出せました。(ハザードは一瞬で消えましたが)

とりあえずなんとかなったので、今日はその流れを説明して、同じ悲劇にあってしまった方の助けになれればと思います。

 

故障後の対応の流れ

 

  1. ロードサービスの加入がないか確認
  2. ロードサービスに故障の状況を連絡
  3. 応急処置で走れる場合は解決、ダメな場合は修理工場やディーラーへ搬送
  4. 修理工場やディーラーで代車を借りて解放

総時間・・・約3時間

ざっとかくとこんな流れです。1つずつ注意点を見て行きます。

ロードサービスの利用

有名どころはJAF(http://www.jaf.or.jp/)ですね。

JAFはバッテリー切れ、パンク等、走行中などに起きたトラブルに24時間全国で対応してくれるロードサービスを展開しています。

詳しくはJAFの以下のリンクで参照してください。(http://www.jaf.or.jp/merit/index.htm#merit1)

しかし、今回私はJAFは使いませんでした。

というのも今の任意保険にはロードサービスがついていることが多いんです。

私は今回加入している保険会社の資料からロードサービスに連絡しました。

必要な情報は 車両番号 保険の登録番号 のみです。

あとはロードサービスの方がきてくれるまで待機。

40分ほどと言われました。(完全に始業に遅刻)

ちゃんと三角も立てておきました。

現場対応か修理工場orディーラーへの搬送

なんとロードサービスの方が20分で現場にきてくれました。(ありがたい・・・)

そこでまずは故障状況の説明、そして場所が場所(交通量の多い国道)だったのですぐ移動しました。

ドナドナ〜

 

バッテリー関係ということもあり、ロードサービスの方はジャンプスターターを使ってバッテリーを充電してくれました。

ジャンプスターターとは、いわゆる携帯用バッテリーのことです。
通常、バッテリー上がりを起こしてしまった車は、他の車とブースターケーブルでバッテリー同士を繋ぎ、エンジンを起動する電力を確保することでバッテリー上がりを直します。
しかし、この方法は危険も多く、車に慣れていない人がやるには少々リスクが高いという問題があります。

ジャンプスターターでは、そういったリスクをほぼ無くし、誰でも簡単・安全にバッテリー上がりを直すことができるようなっているのです。

ロードサービスの方のジャンプスターターは業務用のごっついやつでしたが、質問したところ一般人が車に積むのであればこれがおすすめとのこと。リンクを見つけたので貼っておきます。

【送料無料・18ヶ月保証付】suaoki G7 ジャンプスターター モバイルバッテリー 出力12V 16V 19V 18000mAh大容量 エンジンスターター ブースターケーブル 逆接続保護 ノートPC スマホへの充電 非常用 LEDライト付 照明可 日本語取扱説明書

価格:7,860円
(2017/9/19 15:50時点)
感想(38件)

まあ結果的にジャンプスターターでもダメだった(おい)んですけどね。

バッテリーが完全にやられてるか、充電系統の異常と判断し、現地対応を諦めました。

修理工場やディーラーはどこかと聞かれたのでこの車を購入したディーラーの住所を答えたところ

おっちゃん
狭いけど、乗ってきな!!

※似ているだけで本人ではありません。

と言われそのまま一緒にディーラーまでドライブ。

不規則な勤務時間の大変さの話(シャワーを浴びようと思ったら呼び出された)、山から落ちた車の引き上げ作業、保険会社との兼ね合いなどいろんな話を聞けました。シャワー浴びようと思っていたところほんとすいません・・・。

ディーラーとのやりとり

ディーラーに着いたらあとは事情を話すだけです。

口下手でもロードサービスの方が代わりに話してくれます。(笑)

私はちょうど車検も近かったので車検のついでに修理をお願いしてきました。

全てコミコミで15万くらいに収まるといいのだが・・・。

ちなみにレッカー代は保険会社にもよりますが、私は30km以内無料でした。保険て大事ですね。

ロードサービスの方にお礼を言ってお別れ。ありがとうございました!

あとはディーラーの方が代車を貸してくれたので、それに乗って無事出勤しました。

 

終わりに

 

車の故障はなんらかの予兆があります。

私の場合、最近エンジンからモーター音がやけにすることがありました。

そのような異変は確実に勘違いではないので注意してください。

早め早めに万が一を想定して備える、車を持つ上での教訓として胸に刻み込みました。

職場には謝り、仕事の穴埋めをしてもらい、車は代車になり金はいくらかかるかわからない・・・

悲惨ですよ(笑)

それでもなんとかなったのは事後対応をしっかりできたからかなと。

この記事が誰か助けられたら少しは報われるかなと思います。こいつださ!(笑)くらいに思ってくれても儲けものです。今日も人の不幸で飯がうまい。

 

ではまた。

koupei
適当呟き。気軽にどぞ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください